虫歯予防の対策

虫歯予防をしていますか

放っておいても直らないものはなんでしょうか。
すぐに答えられるでしょうか。
実は、虫歯です。
風邪や擦り傷であれば、放置しておいてもいつかは治ることもありますが、歯だけはそうはいきません。
他の動物と違い、人間の歯は乳歯と永久歯、合わせて二回しか生えてきません。
そしてこれは自分では絶対に治せないものなのです。
魚類や両生類は何度でも歯が生え変わるのですが、人間だけは高い知能の代わりに、歯は二回しか生えないので大切に使うしかないのです。
虫歯治療は痛みも伴いますし、削ったり、被せたりと歯を痛めるものです。
痛みの伴わない歯科治療はまだまだこれからの段階です。
日本では歯の予防が他の国に比べて遅れているといわれています。
毎日歯磨きをするだけではなく、定期的に歯のメンテナンスに行くことも大切です。
虫歯になっていないのに歯医者に行ってもいいの?と首をかしげる人もいますが、先進国では当たり前のことです。
日本が寧ろ立ち遅れているのです。
何ヶ月かに一回、歯医者で歯の点検や掃除をしてもらいましょう。
その時に虫歯が見つかっても僅かな治療で治るのです。
放っておいて大きな穴が空いてから、痛み出して夜眠れなくなってからでは遅いのです。
行きつけの歯医者を作り、定期的に通うようにしましょう。

虫歯を予防する為の対策

虫歯が厄介な理由として、強い痛みを発生させたり口臭の原因になってしまうからでもあるのですが、それ以外にも自然に治らないという理由もあります。
歯に自然に治癒する能力はありませんので、虫歯になった時には治療を行うしか対策方法がないのです。
そんな厄介な虫歯にならない為には日々のブラッシングが重要になるのは言うまでもありません。
ですので最低でも朝晩のブラッシングは必須なのですが、それ以外にも心掛けた方が良い対策方法もあります。
それは唾液の分泌量をアップさせる事です。
唾液というのは単には口内を潤わせる為だけでの存在ではなく、口内を殺菌するという役割も持っているのです。
その為、唾液が沢山出ている状態ですと虫歯も発生し難くなりますので、対策の一環として唾液を沢山出すように工夫をしてみる事をおすすめします。
どうすれば唾液が出るのかと言えば、ベロ運動という口内の運動を行うのが有効とされています。
歯の外側に沿うようにベロをくるくると回す運動ですが、右に20回~30回程度、そして左にも同様に回転させ、それを1日に3セット程度行うと唾液が出易くなります。
このようにして唾液を沢山出す事で虫歯になり難くなり、さらには口臭や歯周病の予防にもなるのです。

Favorite

不用品回収 大阪
http://n-support.com/
マタニティ ワンピース
http://tori-maternity.com/
天然石の粒売り
http://www.suisyodo.com/
野菜セット
http://miurayasai.com/
留袖のレンタル専門
https://www.kyoto-isyo-rental.com/
貸会議室 八重洲
http://www.officetokyo.net/
ダイエット サプリ
http://www.kameyamado.com/koubo/koubo/
印鑑 実印
http://www.e-insho.com/

最終更新日:2016/3/30

copyright(c) 2015 「Tooth Protect」 all rights reserved.